歯を失った部位の回復・インプラント

【歯を失った部位への回復】

・ブリッジによる回復
ブリッジとは、歯を失ってしまった部分に橋をかけるように、両隣の歯を支えにした被せものを作り、歯を復元する治療法です。歯を失った部分の両隣の歯を被せもののかたちに合うように削り、その歯を支えにして間の歯の無い部分に歯を復元します。

・義歯による回復
部分的に数本の歯を失った場合でブリッジでは回復が見込めない場合は「部分入れ歯」という義歯による回復を行います。支えとなるクラスプ(金属のバネ)を隣接する歯にひっかけ、失った部分の歯を回復させます。 上あごもしくは下あごすべての歯を失ってしまった場合は、総義歯による歯の回復をします。一般的に「総入れ歯」と呼ばれるものです。

【インプラント】

歯を失ってしまったときの治療方法は、今までは入れ歯かブリッジの二択でしたが、新たにインプラントという治療方法が注目されています。 インプラントとは、歯を失った部分のあごの骨にチタン製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントという部品を取り付けて、人工の歯を被せて固定し、噛む能力を復元するという治療方法です。 人工の歯の根を作るので自分の歯と同じくらいの力で噛むことが出来ますし、セラミックでできた歯を被せますので、見た目も自然な歯と変わりません。また、入れ歯やブリッジとは違い、治療後に周りの歯に負担がかかったり、治療のために周りの歯を削ったりする必要がありません。 ただ、外科的治療が必要になるということと、保険がきかないので完全自費負担となります。