外科治療・顎関節症

【抜歯などの外科治療】

抜歯が必要になるケースは、永久歯が生えてくるときに乳歯がまだ抜けておらず、永久歯が生えてくるのを邪魔しているとき、虫歯の進行による歯冠の崩壊が著しく保存が不可能と診断したとき、歯周病の進行により保存不可能となったとき、過剰歯(本来ないはずの余分な歯)がある場合、そして親知らずの抜歯です。
他にも、上唇と歯茎をつなぐ、上の前歯の中央部にあるすじ(上唇小帯といいます。)や、ほっぺた側にある小帯の付着位置が不正な場合その位置の補正が必要と診断された場合、小帯を切除する必要が出てくる場合があります。

【顎関節症の治療】

顎関節症とは、かみ合わせや、歯並びなど、また他に何らかの原因により、あごの関節とあごに関連する咀嚼筋(そしゃくきん)が、炎症を起こしたりする病気です。口を大きく開けるとあごが「パキッ」と鳴る、口を開けるとあごが痛む、もしくはあごが痛んで口を開けられないという症状がある場合は顎関節症と診断し、症状を軽減するための処置を行います。 具体的な処置の方法としては、関節の運動を行う理学療法、口の中に装置(主にマウスピース)を入れるスプリント療法、消炎鎮痛剤などの薬物療法などがあります。